永野芽郁、ドラマ「3年A組」で称賛された“涙の演技”のルーツとは

永野芽郁、ドラマ「3年A組」で称賛された“涙の演技”のルーツとは

 今期、最も話題をさらったドラマといえば「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)だろう。3月10日に放送された最終回は、過去最高視聴率15.4%をマーク。主演の菅田将暉はもちろんのこと、ヒロインを演じた女優・永野芽郁も、このドラマで大きく評価を上げたひとりだろう。

「最終回は、景山澪奈(上白石萌歌)の自死について、主人公の柊一颯(菅田)が学校の屋上から架空のSNS『マインドボイス』を通じて真相に迫るという展開。景山はSNSへの心ない書き込みが原因で心を病み、飛び降りたと柊は涙ながらに訴えました」(テレビ誌ライター)

 衝撃のシーンはこの後。自身の思いを熱く語った柊は、自らも学校の屋上からダイブ。間一髪のところでヒロイン・茅野さくら(永野)やクラスメートたちが駆けつけ、九死に一生を得た。

 この一幕での永野芽郁の涙は、多くの視聴者の心に突き刺さったようだ。茅野が瞳がら流れ出るような涙を流しながら、柊を必死に助けるシーンに「涙が本物の心からの涙にしか見えない」「永野芽郁ちゃんの涙が綺麗すぎて」「マジ泣きしてる芽郁ちゃん見て泣いた」といったコメントが、ネット上に溢れ出した。また、「永野芽郁ちゃん19歳でこの演技力」と永野の圧倒的な芝居に魅せられたという声も寄せられている。

「永野が去年、ヒロインを務めたNHKの朝ドラ『半分、青い。』でも、“泣きの名演技”を見せていますね。漫画家を諦め師匠・秋風羽織(豊川悦司)の元を去る際に見せた鈴愛(永野)の涙は“朝ドラ屈指の名シーン”と言われていますし、別の場面で共演した俳優・間宮祥太朗もツイッターで『鈴愛の涙があまりに大粒で、撮影の時に衝撃を受け、びっくりして心底オロオロしてしましました。(中略)永野芽郁凄まじい』と呟いています」(制作関係者)


あわせて読みたい

永野芽郁のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「永野芽郁 + 視聴率」のおすすめ記事

「永野芽郁 + 視聴率」のおすすめ記事をもっと見る

「永野芽郁 + 水着姿」のおすすめ記事

「永野芽郁 + 水着姿」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「坂口健太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「坂口健太郎」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 永野芽郁 Instagram
  2. 永野芽郁 ドラマ
  3. 永野芽郁 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。