にゃんこスター・アンゴラ村長がツイートした“悔しさ全開”の反響

にゃんこスター・アンゴラ村長がツイートした“悔しさ全開”の反響

 3月30日に放送された「ENGEIグランドスラム LIVE」(フジテレビ系)に出演するも、番組中でネタを披露できなかったにゃんこスターアンゴラ村長が、その悔しさをバネに飛躍を誓ったツイートを発信し、お笑い好きの心を打ったという。

 平成最後の放送となった同番組では“平成のリズムネタ博物館”と題し、一発屋扱いされている芸人7組が登場するスペシャル企画を放送。各芸人はガラスケースのなかで博物館の展示物さながらに得意のポーズで固まり、コーナーMCの麒麟川島明がボタンを押した時だけリズムネタを披露するという、文字通りの見世物扱いを受けていた。

 この中から視聴者投票で1位となったレギュラーが本編でネタを披露。2位に8.6秒バズーカ、3位にジョイマンと続き、にゃんこスターは4位以下と惨敗していた。その結果を受けて翌31日未明にアンゴラ村長のツイートした“今日の気持ちと近況”について、お笑い系のライターが指摘する。

「アンゴラ村長は『私たちは1つのネタのイメージが強くて』と自己分析しつつ、同世代の霜降り明星が本編でネタを披露したことを念頭に『第7世代として色んなネタで戦ってる同世代の人たちへの羨ましさもあってずっとモヤモヤしていました』と正直な気持ちを吐露。ただ、レギュラーの“あるある探検隊”ネタが大受けしている姿を見て、『みんなが当時を思い出しながら笑っているのをみて素敵だと思いました』と感動し、『平成のリズムネタの中に入れてもらえたことは誇っていいことかなとやっと思えました』と、思いを新たにしたことを告白したのです」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. にゃんこスター twitter
  2. にゃんこスター 現在
アサジョの記事をもっと見る 2019年4月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「にゃんこスター + twitter」のおすすめ記事

「にゃんこスター + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「にゃんこスター + 現在」のおすすめ記事

「にゃんこスター + 現在」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。