“視聴率の女王”綾瀬はるかの本格登場で「いだてん」V字回復なるか

“視聴率の女王”綾瀬はるかの本格登場で「いだてん」V字回復なるか

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」の第14話が4月14日に放送され、平均視聴率9.6%と8%台に沈んでいた視聴率もやや回復、二桁視聴率も見えてきた。

「第14話『新世界』では、オリンピックの戦いを終えた四三(中村勘九郎)がストックホルムから帰国。時代も明治から大正に移る中、実兄・実次(中村獅童)の命令から帰省することになった四三を待ち受けていたのが、なんとお見合い。しかもラストで、その相手が綾瀬はるか演じるスヤだわかると、ネットでは『やったーー!!綾瀬はるかが嫁に来るぞーーー!!!』『生来の柔らかさと太陽のような明るさを持つスヤは、まさに綾瀬さんのはまり役』『こんな目で見つめられて、好きにならないわけがない』などといったコメントが躍りました。”視聴率の女王”と言われた綾瀬の本格登場が、視聴率回復のキッカケになるといいですが」(スポーツ紙デスク)

「いだてん」の平均視聴率は、第10話で8.7%に沈んで以来、11話、13話と8%台に低迷していただけに、四三(中村)とスヤ(綾瀬)の結婚への期待感がカンフル剤になったことは間違いなさそうだ。しかし、「いだてん」の視聴率については、こんなもあった。

「2月に『女性自身』のウェブサイトが報じたところによると、視聴率低迷の打開策としてクドカン脚本の人気朝ドラあまちゃん』で人気を博した小泉今日子の場面を増やす案やNHKの人気番組『チコちゃんに叱られる!』を起爆剤に起用する案などが報じられましたが、『いだてん』の演出を担当する大根仁氏がツイッターで『これ全部デタラメ』と打ち消す一幕もありました」(女性誌記者)


あわせて読みたい

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 視聴率 いだてん
  2. 視聴率 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。