堂本光一、ポケベルの時代に「携帯電話を購入」した理由が凄かった

堂本光一、ポケベルの時代に「携帯電話を購入」した理由が凄かった

 KinKi Kids堂本光一といえば、ライフワークといえる主演ミュージカル「Endless SHOCK」が今春、上演回数1700回を突破して、名実ともに演劇界のトップに立った。その実績が認められ、6月10日(日本時間)には世界最高峰の演劇&ミュージカルの祭典「第73回トニー賞授賞式」にスペシャルゲストとして登壇。ナビゲーターで、昨夏にミュージカル「ナイツ・テイル-騎士物語-」でダブル主演を務めた井上芳雄と一緒に、授賞式の感動と興奮を伝える予定だ。

 今年元旦の誕生日で、ついに40の大台に乗った光一。ジャニーズ事務所に入所したのは12歳の91年だったため、もう28年の月日が流れたことになる。堂本剛とのKinKiは93年に結成。ほどなくして、地元の兵庫県芦屋市から上京して、都内のジャニーズ合宿所に入居した。このころ、同年代の男子は手にすることができなかった超高級品をゲットしている。

「それは、携帯電話です。90年代の前半といえば、無線呼び出しサービスのポケットベルが全盛期。数字のメッセージを送信しあうことが若者のトレンドで、ドラマ、同タイトルの主題歌『ポケベルが鳴らなくて』が大ヒットしたほどです。そんな時代に、すでに携帯電話を持っていた光一。さながら大企業の社長です(笑)」(アイドル誌ライター)

 ところが、実際に手にすると思いのほか、活用できなかった。同世代の中学生が持っているのはほぼポケベル。携帯を持っている仲間がいないため、電話をすることもできなかったからだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 堂本光一 ラジオ
  2. 堂本光一 舞台
アサジョの記事をもっと見る 2019年5月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「堂本光一 + 舞台」のおすすめ記事

「堂本光一 + 舞台」のおすすめ記事をもっと見る

「堂本光一 + ラジオ」のおすすめ記事

「堂本光一 + ラジオ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大野智」のニュース

次に読みたい関連記事「大野智」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。