さすがビジネスオタク!中川翔子のアベンジャーズ愛発言でニワカが露呈?

さすがビジネスオタク!中川翔子のアベンジャーズ愛発言でニワカが露呈?

 オタクのアイドルとして高い人気を誇る中川翔子。だが、一部のオタク男子からは「本人が思っているほどオタクじゃない」との指摘があり、仕事を増やすためにオタクを装う「ビジネスオタク」ではないかと言われている。浅い知識で作品を語り、やり玉にあがることもしばしばだ。そんなしょこたんがまたしてもニワカ発言をしてしたとして批判を浴びている。

 中川は5月13日から14日にかけて「アベンジャーズ/エンドゲーム」に関するツイートを連発。大ヒット中の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の2回目を見てきたことを報告した。〈初回より、理解できるぶん更に超面白い〉と2回見た理由を明かしている。さらに〈3Dのキャプテンアメリカのしりがあまりにも最の高の至高すぎたため、映画観てから帰宅してそのまますぐに、ファンアートかきました!〉と自身のイラストを公開。アベンジャーズ愛を語った。

 問題となったのは13日の投稿の〈アベンジャーズ初代からの歴史を思うとこみあげるせつなさ。マーベル最高!トニー様3000回愛してる〉という部分だ。これになぜ批判が集まったのかは解説が必要だろう。

「アベンジャーズは『マーベル・シネマティック・ユニバース(以下、MCU)』というシリーズの1つです。このMCUは共通の世界観と時間軸の中で物語が展開していきます。アイアンマンやマイティ・ソー、キャプテン・アメリカといったヒーローが実は同じ世界に存在しているという設定なので、別々の作品であってもアベンジャーズで一堂に会することができるわけです。そしてMCUの第1弾は08年公開の『アイアンマン』。しょこたんが『アベンジャーズ初代』と言っている『アベンジャーズ』は12年公開でMCUの第6弾。そこから『歴史を思うとこみあげるせつなさ』とはずいぶんのニワカだというわけです。アベンジャーズの歴史を振り返るなら『アイアンマン』からを指してほしかったところです」(エンタメ誌ライター)


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサジョの記事をもっと見る 2019年5月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広瀬すず」のニュース

次に読みたい関連記事「広瀬すず」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「足立梨花」のニュース

次に読みたい関連記事「足立梨花」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中村アン」のニュース

次に読みたい関連記事「中村アン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。