小学生から家庭で実践!「職業教育」の第一歩

小学生から家庭で実践!「職業教育」の第一歩

“働く”ということを、どのように子どもたちに伝えていますか?

 中学・高校生の進路指導を経験すると、「やりたいことがない……」「別に働きたくない」という子どもの多さに驚きます。明確に何を目指したいのかはみつかっていなくても、「働くっていいことだな」「大人になるのが楽しみ!」と、前向きに感じていられるようにしたいもの。そうすることで、子どもたちが自ら「自分に合った活躍の場は?」と積極的に将来のことを考え始めるからです。

 そのために、子どもが親の職業(仕事内容)や仕事観を知っているか、それを感じているかどうかは重要なポイントの一つです。「うちのお父さん、かっこいいんだよ!」と、父親の仕事について誇りをもって話す子は、将来働くことに対して肯定的に捉えていることが多いです。逆に、「何をしているか知らない」「働くなんて大変そうだから嫌だ」と感じている子は、進学や職業選択にも消極的であることが多く、“働く=面倒臭い”というイメージが染み付いているようです。

 この部分は、家庭で大人たちが子どもにどのような姿を見せているかが大きなカギを握ります。仕事を終えて家庭に戻ってから、「今日も大変だったけど充実していた!」と、前向きに発信しているでしょうか。会社の愚痴や「こんな仕事やってられるか!」とストレスを撒き散らしていたら、子どもが社会人になりたくないと感じてしまうのも無理はありません。仕事ですから楽しいことばかりではなく大変なこともありますが、「乗り越えて成功したからよかった!」「いろいろあったけど、チームで力を合わせてなんとか作り上げることができた」と、最終的にはプラスで終えるように話し、一生懸命働いた後の清々しい姿を見せたいものです。


あわせて読みたい

アサジョの記事をもっと見る 2019年5月26日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。