岡田准一はミスキャストだった!?名作「白い巨塔」が“低空飛行”で批判殺到

岡田准一はミスキャストだった!?名作「白い巨塔」が“低空飛行”で批判殺到

 5月22日から5夜連続放送のテレビ朝日開局60周年記念ドラマスペシャル「白い巨塔」。第一夜の平均視聴率は12.5%。第二夜の平均視聴率は11.8%とダウンした。

 野心家で腹腔鏡手術のスペシャリストである財前五郎を演じているのは岡田准一。財前の同期で愚直な内科医・里見脩二を演じるのは松山ケンイチ。財前の上司にあたる教授・東貞蔵を寺尾聰。内科教授で第一内科部長の鵜飼裕次を松重豊が演じている。

 2003年にフジテレビ唐沢寿明主演で放送した際は、平均視聴率23.9%、最高視聴率32.1%と好成績をマークした。テレ朝も高視聴率を期待して今作品を選んだと思われるが、どうやら失敗だったようだ。

 視聴者の感想としては「財前の眼光が鋭ければ威厳が出ると完全にカン違い」「狡猾で傲慢な人物像には程遠く、風貌も岡田君に罪はないが背が小さく格闘家のようなガッチリ体格は完全にアウト」「財前の野心も里見の魅力も微塵もなし。以降観る必要なし。いつも通り『緊急取調室』を放送してくれ~!」「ミスキャストの極み」など散々だ。

 その他「ジャニーズによる安っぽいリメイクが多すぎる。視聴者バカにするにもほどがある!」との怒りの意見もあった。

「今年3月には、東山紀之主演でフジテレビが『砂の器』を放送。こちらの平均視聴率は11.1%。ジャニーズの俳優を起用すれば数字が取れるという神話は、すでに崩壊しています。新作での制作ならまだしも、何度も映像化された名作のリメイクでは、前作と比べられるのは必至。岡田の財前にインテリジェンスは感じられず、肩を揺らしてドカドカ歩く姿も有能な外科医というイメージからほど遠い。ミスキャストという視聴者の指摘は否めません」(テレビ誌ライター)

 開局60周年記念番組でありながら、お寒い結果となってしまったようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡田准一 ひらパー兄さん
  2. 岡田准一 ドラマ
  3. 岡田准一 宮崎あおい
アサジョの記事をもっと見る 2019年5月24日の芸能総合記事
「岡田准一はミスキャストだった!?名作「白い巨塔」が“低空飛行”で批判殺到」の みんなの反応 238
  • 匿名さん 通報

    岡田准一もミスキャストだが、一番悪いのは、東教授役の寺尾聡。こんなに演技が下手だとは。。。しかも、見た目がみすぼらしい。唐沢版の白い巨塔が成功したのは、東教授役の石坂浩二が素晴らしかったから。

    271
  • 匿名さん 通報

    東教授の品性を保ちつつも嫉妬に燃え焦げるあの様は石坂浩二さんの演技がはまっていた。 今回の東教授は品性を感じない、あれは寺尾教授だ!

    204
  • 匿名さん 通報

    岡田准一、ミスキャスト。放送前からわかってた。原作者に失礼です。背が高くインテリであるのは前提。背が低いところでアウトなのに演技も下手となれば救いようがないです。唐沢さんの良さを再認識しました。

    187
  • 匿名さん 通報

    田宮二郎さんの白い巨塔を越える作品はもう不可能だと思います。脇役の役者でも主役を任せられる力量を持った俳優さん達がそろっていたうえに、台詞と場面転換が秀逸でした。

    160
  • 匿名さん 通報

    いろいろとミスキャストの重なりがひどい。里見を松山にしたのも、寺尾を使ったのも。主役の粗をカバーできない配役ばかり。

    158
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡田准一 + 宮崎あおい」のおすすめ記事

「岡田准一 + 宮崎あおい」のおすすめ記事をもっと見る

「岡田准一 + ひらパー兄さん」のおすすめ記事

「岡田准一 + ひらパー兄さん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「亀梨和也」のニュース

次に読みたい関連記事「亀梨和也」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。