「麒麟がくる」で大河初出演の沢尻エリカ、密かに狙うのは大河の主役!?

「麒麟がくる」で大河初出演の沢尻エリカ、密かに狙うのは大河の主役!?

 来年1月から放送が始まる長谷川博巳主演のNHK大河ドラマ麒麟がくる」がいよいよクランクイン。6月4日に行われたクランクイン取材会では、大河ドラマ初出演となる女優・沢尻エリカの美しさに早くも注目が集まっている。

「今回の大河ドラマは、戦国時代の武将・明智光秀(長谷川)が主人公。大河ドラマの原点に立ち返り、戦国初期の群雄割拠の戦乱の中、英傑たちが天下を狙って、命を賭け、愛を賭けて戦う戦国ビギニングの一大叙事詩。その中で沢尻は、親子二代で美濃国を乗っ取った斎藤道三(本木雅弘)の娘で、後に織田信長(染谷将太)の妻となる帰蝶(濃姫)役を演じています。クランクインを迎え、沢尻は『自分の中で感情が高ぶっている。現場が楽しくて、ワクワクしています』と笑顔でコメント。父親役の本木も『芝居の熱量という点では沢尻さんが一番、輝きを放っていました』と話しています」(テレビ誌ライター)

 沢尻といえば、2007年に主演映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶における「別に…」発言でアイドル女優として地に堕ち、2009年22歳の若さで結婚、4年後に離婚と迷走を続け、2009年には大手芸能事務所との契約を解消されるなど、トラブル続きだった。

「しかし、2012年には話題作『ヘルタースケルター』に主演。その熱演ぶりから、日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を獲得。元々2006年には映画『パッチギ!』で数々の映画祭で新人賞を受賞する実力派だけに、2015年には映画『新宿スワン』のヒロインや2016年にはドラマ『大奥』で時代劇主演を果たすなど近年、評価は高まるばかり。今年5月にはテレビ朝日開局60周年記念ドラマ『白い巨塔』では主人公・財前五郎(岡田准一)の愛人役、さらに小栗旬主演の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』でも愛人の一人を演じるなど、このところの活躍ぶりは目を見張るものがあります」(女性誌記者)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 沢尻エリカ ドラマ
  2. 沢尻エリカ 映画
  3. 沢尻エリカ 離婚
アサジョの記事をもっと見る 2019年6月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「沢尻エリカ + 映画」のおすすめ記事

「沢尻エリカ + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「沢尻エリカ + 高城剛」のおすすめ記事

「沢尻エリカ + 高城剛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「広瀬すず」のニュース

次に読みたい関連記事「広瀬すず」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。