松本人志も憂いた…契約書ナシの吉本興業に毎年1000人の芸人が集まる理由

松本人志も憂いた…契約書ナシの吉本興業に毎年1000人の芸人が集まる理由

 お笑いコンビ・カラテカの入江慎也による闇営業仲介騒動が連日のように世間を騒がせているが、今回の不祥事発覚で吉本興業とその所属タレントの関係性や然るべき契約環境へと話題が飛び火する事態となっている。

 関係を持った相手が悪すぎたか。吉本興業の芸人に限らず、生活費に困窮したタレントが所属事務所の中抜きを通さない直の闇営業に手を染めることはもはや“大スクープ”とは呼べないほどに一部で蔓延してしまっているのが現状かもしれないが、写真週刊誌「フライデー」が暴きたかったのは、やはりその営業相手が反社会的組織であったという一点だろう。

 もちろん仲介人を担った“友達5000人”を誇る入江を始め、吉本の先輩である雨上がり決死隊宮迫博之ロンドンブーツ1号2号田村亮らは一様にその組織が“反社会的”であることなど知らなかったと口を揃えているものの、世論は参加芸人らの釈明を怪しみ、“素性も知らないグループの宴会にノーギャラで出演するのは不自然”といった見解が多く散見される。

 加えて、こうした吉本芸人による不祥事を巻き起こした元凶が、吉本興業の契約状況にあるのではないか…という見方も出ており、ハリセンボンの近藤春菜極楽とんぼ加藤浩次レギュラー番組内で指摘したように、所属タレントと法的な契約を交わしていないという吉本興業の“グレーゾーン”にも話題が集中。また、日頃から同社への不満を溜め込んできたお笑いタレントのキートンはツイッター上で「ちゃんと仕事、営業を入れて、ちゃんとしたギャラが振り込まれてたら、闇営業なんて行かねーよな」とつぶやき、吉本への不信感を露わにしている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 松本人志 Amazon prime
  2. 松本人志 twitter
  3. 松本人志 ダウンタウンなう
松本人志のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る 2019年6月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「松本人志 + ワイドナショー」のおすすめ記事

「松本人志 + ワイドナショー」のおすすめ記事をもっと見る

「松本人志 + twitter」のおすすめ記事

「松本人志 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュース

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。