ミスチル・桜井和寿の新居騒動で「北京五輪のテーマ曲」に注目が集まった!?

ミスチル・桜井和寿の新居騒動で「北京五輪のテーマ曲」に注目が集まった!?

 人気バンド・Mr.Childrenの井和寿が新居騒動に見舞われているという。6月14日発売の写真週刊誌「フライデー」によると、桜井は18年夏に東京・世田谷区の高級住宅街に豪邸を建設。敷地は226坪におよび、バレーボールのコート4面分を超える広さだ。

 記事によると、近隣住民に説明なく工期が延期されたほか、建築時の騒音も酷かったとか。また外壁の高さが5メートルあることから周囲の日照も悪くなり、周りの草木が枯れてしまうという。そのため住民グループが5回ほど工事現場に抗議に行ったというのだ。

「高級住宅地では地元住民が紳士協定を結んでいるケースがあり、高い壁がそれに反していた可能性が考えられます。ただ法律的には建築基準法をクリアしていれば問題はないので、古くからの住民と転居してきた新住民が揉めることは珍しくありません。また桜井邸はいわゆる旗竿地に建っており、四方すべてを他の家屋に囲まれているので、日照トラブルも不可避だったのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 引っ越しの際には桜井が家族連れで近隣に挨拶し、高級メロンを持っていったものの、中には受け取りを拒否した家もあったという。この豪邸トラブルに心を痛めるミスチルファンも少なくないが、一部には今回の件が、ミスチルの人気曲を地で行っているとして沸き立っているようだ。音楽ライターが指摘する。

「ミスチルの32ndシングルにして、北京五輪のNHKテーマソングにも選ばれた『GIFT』になぞらえ、『ギフトが拒否られた!』と盛り上がるファンが続出しています。さらに同曲の歌詞をもじって『次回は〈受け取ってくれるかな♪〉』とか、問題の壁については『これがホントの〈ぶち当たった壁の前♪〉』など、もはや大喜利状態。日照問題に至っては〈〈降り注ぐ日差しがあって だからこそ日陰もあって♪〉〉と、そのものズバリの歌詞があるのですから、ミスチルファンなら勘づくのも無理はなさそうです」

 桜井としても「気に入るかな?受け取ってよ♪」とばかりに、高級メロンを受け取ってもらいたいのではないだろうか。

(白根麻子)

あわせて読みたい

アサジョの記事をもっと見る 2019年6月14日の芸能総合記事
「ミスチル・桜井和寿の新居騒動で「北京五輪のテーマ曲」に注目が集まった!?」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    本当に可愛そうなくらいレベルの低い記事。ファンはそんな風にGIFTを思い出さない。どのように育ってきたらそんな視点になるのか、本当に可愛そうな人。

    29
  • 匿名さん 通報

    これでお金もらっちゃうのは恥ずかしいレベルの記事...そもそものフライデーの記事もさることながら。面白おかしくネタにすり寄って自分の恥を振りまいてる

    13
  • 匿名さん 通報

    はぁ?

    11
  • 匿名さん 通報

    和解したから記事が消えたんじゃないの?

    11
  • 匿名さん 通報

    ヤフーにあったゴミのフライデーの記事消されてて草 ミスチルの事務所は強いなw 揉み消し力半端ない

    9
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。