「ノーサイド・ゲーム」は筋肉パラダイス エンディングは米津玄師の楽曲

記事まとめ

  • 「ノーサイド・ゲーム」第1話が放送され、平均視聴率13.5%をマークして好スタートを切った。
  • テレビ誌記者は「廣瀬俊朗選手や齊藤祐也選手など、日本代表選手が目白押し。本作はイケメンパラダイスならぬ筋肉パラダイスといっても過言ではありません!」という。
  • エンディングでは、米津玄師の楽曲「馬と鹿」が事前告知なしで主題歌として流れ、ネットを驚かせた。

大泉洋「ノーサイド・ゲーム」は“マッチョパラダイス”ドラマだった!?

大泉洋「ノーサイド・ゲーム」は“マッチョパラダイス”ドラマだった!?

 7月7日に放送された大泉洋主演の日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)の第1話が放送され、平均視聴率13.5%をマークして好スタートを切った。そんな中、ネット上では「ノーサイド・ゲームが筋肉祭り」「筋肉マッチョたまらん」「筋肉祭りで目の保養」「筋肉見たさにノーサイド・ゲーム見るかな」といった歓び声が早くも躍っている。

「このドラマは、『半沢直樹』や『下町ロケット』を始め日曜劇場では何度もドラマ化された作家池井戸潤の小説が原作。大手自動車メーカー『トキワ自動車』でエリートコースを歩いてきた主人公の君嶋隼人(大泉)が、企業買収を推し進める滝川常務(上川隆也)の意見に反対して工場に左遷され、低迷中の古豪ラグビーチーム『アストロズ』のゼネラルマネージャーに就任。知識も経験もない君嶋が再建に立ち上がると言う物語です」(テレビ誌記者)

 9月からラクビーW杯が日本で開催されることもあり、まさにタイムリーのドラマ。しかも「アストロズ」の選手には往年の日本代表選手もいることからラグビーファンは元より、マッチョ好きの女子からも熱い声援が送られている。

「中心的な役割を果たす浜畑には、なんと元日本代表主将の廣瀬俊朗選手、その他にも安西を演じる齊藤祐也選手など、日本代表選手が目白押し。ロッカールームでは、このドラマのために鍛え上げられた筋肉が炸裂。本作は“イケメンパラダイス”ならぬ“筋肉パラダイス”といっても過言ではありません!」(前出・テレビ誌記者)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大泉洋 TEAM NACS
  2. 大泉洋 ドラマ
  3. 大泉洋 北海道
大泉洋のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る 2019年7月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大泉洋 + TEAM NACS」のおすすめ記事

「大泉洋 + TEAM NACS」のおすすめ記事をもっと見る

「大泉洋 + 映画」のおすすめ記事

「大泉洋 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「窪田正孝」のニュース

次に読みたい関連記事「窪田正孝」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。