オードリー春日も絶句!?高橋真麻のタクシー“クレーム”に「怖い怖い怖い」

オードリー春日も絶句!?高橋真麻のタクシー“クレーム”に「怖い怖い怖い」
拡大する(全1枚)

 フリーアナウンサーの高橋真麻が7月22日、バラエティ番組「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」(中京テレビ)に出演。多くの一般的な女性と違い“自分は言いたいことを言えるタイプ”であるとドヤ顔でアピールをしたつもり…だったようだが、視聴者が「えっ?」とドン引きしてしまったのだという。

 事の発端は、番組内で日本テレビの後藤晴菜アナが「私生活で言いたいことが言えない」という悩みを打ち明けたこと。タクシー運転手に道を間違えられたり、ちょっと思うことがあっても、文句が言えない性格という“女子あるある”のような告白をすると、オードリー若林正恭から「真麻でも言えないでしょ?」と話を振られた高橋。すると「私、全然言います」とキリっと返答。加えて、タクシー運転手への問題については「私、けっこうケンカしちゃうタイプ」、しかも「頻繁にケンカしている」と打ち明けて、出演者たちを驚かせてしまった。

「それだけなら、『さすがご意見番の真麻さん!』となったと思います。でも、番組収録前日にもタクシー運転手とひと悶着あったようなんです。その様子を語った言葉が視聴者をドン引きさせましたね。そのまま言うと、『私は“左車線に行ってください”って言ったんですよ。なのに頑として右車線のままなんです。だから私は『えっ?なになになに、怖い怖い怖い、左にどうして行けないの?左にどうして行けないの?』と言ったと振り返ってました。この時点で視聴者も出演者も『さすが真麻さん』ではなく“何それ?”という不気味な気持ちになったようですね。オードリーの春日俊彰も『(そんな風に)言ってたの?今の感じで?』と絶句してましたね。高橋さんはうなずいて、さらに『責めるっていうか、被害者っぽい言い方します。えっ、ひどいひどいひどい。なんでなんで。怖い怖い怖い。みたいな』と説明していました」(女性誌ライター)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オードリー」に関する記事

「オードリー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オードリー」の記事

次に読みたい「オードリー」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク