賛否両論の浜崎あゆみ小説「M」の裏にあった“女優・あゆ”の可能性!?

賛否両論の浜崎あゆみ小説「M」の裏にあった“女優・あゆ”の可能性!?

 歌手の浜崎あゆみと音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長との出会いから別れまで、赤裸々に描かれた自伝的小説「M 愛すべき人がいて」(小松成美著)が8月1日に発売され大きな話題を呼んでいる。

「この物語は、1998年の歌手デビューからトップスターへと上り詰めるまでの2年間のサクセスストーリーに秘められた出会いと別れを浜崎への取材を通してまとめた小説。ネットでは『めちゃめちゃ読みたい』という声が上がる一方で、『暴露本は今出して欲しくなかった』と残念がる意見も躍り賛否両論。各局のワイドショーや情報番組でも大きく取り上げられました」(スポーツ紙記者)

 そんな中、7月31日に放送された生番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演した女優・遠野なぎこは、今回の出版に関して「ただの痛い人になってしまった」と一刀両断。

「浜崎が歌でブレイクする前、遠野は連ドラで共演しており、歌姫に上り詰めていった姿に『スター街道にいってすごいな』と思って見ていたとコメント。ところが最近はインスタやツイッターでしか話題にならないことから、今回も話題作りではないか。スター街道を登りつめていく姿を見ていただけに、『ただの痛い人になってしまって残念』という思いから、今回の発言になってしまったようです」(テレビ誌ライター)

 しかし、その連ドラが1995年に放送された野島伸司脚本の「未成年」(TBS系)であることから、豪華すぎるキャスト陣に驚きの声が上がっている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 浜崎あゆみ Instagram
  2. 浜崎あゆみ a-nation
  3. 浜崎あゆみ ツアー
浜崎あゆみのプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る 2019年8月4日の芸能総合記事
「賛否両論の浜崎あゆみ小説「M」の裏にあった“女優・あゆ”の可能性!?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    もったいない!女優としても活動続ければよかったのに

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「浜崎あゆみ + Instagram」のおすすめ記事

「浜崎あゆみ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「浜崎あゆみ + ツアー」のおすすめ記事

「浜崎あゆみ + ツアー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「広瀬すず」のニュース

次に読みたい関連記事「広瀬すず」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら