CMキング・相葉雅紀が味わった不遇の時代…サックスに挑戦し挫折した黒歴史

CMキング・相葉雅紀が味わった不遇の時代…サックスに挑戦し挫折した黒歴史

 相葉雅紀が「2019上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)で、サンドウィッチマンと並んで1位に輝いた。9社だった相葉は、15年と16年の年間王者で、昨年前期が2位と上位常連。1社と僅差ながらも、2位の櫻井翔二宮和也を上回った。

 20周年アニバーサリー真っただ中の嵐は、ベストアルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が発売初週で130.4万枚を売り上げ、2010年代最高の初週売り上げを記録した。発売初週でのミリオン突破は、シングル、アルバムで嵐史上初。来年大みそかでの活動休止が決定している今、待望のダブルミリオン(200万枚)も夢ではない。

 出せば大ヒットの状態が長く続く嵐だが、99年にハワイで華々しいデビュー記者会見を開き、1stシングル「A・RA・SHI」をリリースした翌年以降は、緩やかな下降線を描いていたのは、今からすると嘘のような話だ。当時を知る芸能ジャーナリストが振り返る。

「中堅ジャニーズの定番といえば、全国アリーナツアーです。嵐も経験していますが、CDセールスが芳しくなかった時期は、アリーナを満員にできませんでした。関東は埋まりましたが、地方は厳しく、観客が入っていない一帯はシートで覆って偽装したこともありました」

 空席をシートで隠すのは、有名アーティストなら誰もが一度は経験している。解散したSMAPでさえ、下積み時代には「シートありの会場」を見渡している。最大キャパおよそ1万人の愛知・名古屋レインボーホール(現・日本ガイシスポーツプラザ)公演では、スタンド席の半分が空席だったという。SMAPでそれなのだから、嵐の空席は決して恥ずべきことではない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサジョの記事をもっと見る 2019年8月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「CM」のニュース

次に読みたい関連記事「CM」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。