大泉洋「ノーサイド・ゲーム」で注目すべき“ラガーマン”俳優!

大泉洋「ノーサイド・ゲーム」で注目すべき“ラガーマン”俳優!

 8月25日に放送された日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)の平均視聴率が9.7%と一桁台に急落。これまで「半沢直樹」「下町ロケット」シリーズを手掛けた人気作家池井戸潤の同名小説のドラマ化だけに、衝撃が走った。

「第一話の平均視聴率は13.5%と好スタートを切り、前回の第6話も13.0%と好調だっただけに驚きの声が上がりましたが、原因は日本テレビの特番『24時間テレビ42』のチャリティー駅伝の第4走者いとうあさこのゴールが、番組終了の21時までに待ち合わず、感動のシーンがズレ込んだために、真裏のこの番組がトバッチリを食らったというわけです」(スポーツ紙記者)

 このドラマは、大手自動車メーカー「トキワ自動車」のエリート社員、大泉洋演じる君嶋隼人が工場に左遷され、低迷中のラグビーチーム「アストロズ」のGMとしてチームと自分自身の再起を賭けて戦う企業ドラマ。

「ラグビーを題材にしていることもあって、過去の池井戸ドラマよりも泥臭く、イケメンも見当たらないため、番組開始前は心配する声も上がっていましたが、泥臭くてもまっすぐ突き進むラガーマンたちのドラマに称賛の声が寄せられています」(テレビ誌ライター)

 しかもこのドラマ、元日本代表の廣瀬俊朗や斉藤祐也をはじめラグビー経験者が迫力満点のプレーを見せることから、白熱の試合シーンにも注目が集まっている。

「中でも『アストロズ』の主将・岸和田徹を演じる俳優・高橋光臣は自身もラガーマン。花園にも出場経験のある強豪校・啓光学園の出身だけに思い入れもひとしお。オーディションを勝ち抜き、監督に『お前がキャプテンだ!』と言われた時には鳥肌がたったとコメントしています。また別の取材でも『役者を始めた時から、ラグビードラマに出演することが目標の一つ』と熱い思いを語っています」(前出・テレビ誌ライター)

 今回のドラマへの熱い思いを語るには、他にも理由がある。

「高橋は2006年、戦隊モノ『轟々戦隊ボウケンジャー』(テレビ朝日系)でテレビドラマ初主演。2012年NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』でヒロイン・堀北真希の恋人役を演じ話題を呼んだものの、その後当たり役に恵まれていません。37歳の今こそ、ブレイクするラストチャンスなのでは」(前出・スポーツ紙記者)

 今回の役で、泥臭くてもいいからチャンスを掴んで欲しいものだ。

(窪田史朗)

あわせて読みたい

大泉洋のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大泉洋 + TEAM NACS」のおすすめ記事

「大泉洋 + TEAM NACS」のおすすめ記事をもっと見る

「大泉洋 + 北海道」のおすすめ記事

「大泉洋 + 北海道」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「沢村一樹」のニュース

次に読みたい関連記事「沢村一樹」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 大泉洋 TEAM NACS
  2. 大泉洋 ドラマ
  3. 大泉洋 北海道

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。