参加者9,000万人超!日本最大級のこども将棋大会とは?トッププロ棋士の熱き決戦と同時開催!

参加者9,000万人超!日本最大級のこども将棋大会とは?トッププロ棋士の熱き決戦と同時開催!

「将棋日本シリーズ」をご存知だろうか。全国11都市で行われ、毎年、多くの参加者とギャラリーで大賑わいとなるこの大会は「JTプロ公式戦」と「テーブルマークこども大会」が1日で行われる日本最大規模の将棋イベント。幼少期の藤井聡太七段が憧れ、かつてこども大会(2011年度東海大会)に参加して優勝したことでも知られている。

 2019年の「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会」東京大会は、11月17日(日)幕張メッセにて開催された。「テーブルマークこども大会」東京大会の子ども参加者数は2,494人。第40回の節目を迎える「JTプロ公式戦」の決勝が同日開催とあって大勢の家族連れが詰めかけ、総来場者数6,904人の大盛況となった。

「テーブルマークこども大会」の特徴は、将棋のルールを知っている小学生以下なら誰もが参加できること。小学3年生以下の低学年部門と小学4~6年生の高学年部門に分かれ、まずは一対局20分制の「ブロック対局」を3局対戦。3勝できた参加者がトーナメント戦へ進出できる仕組みだが、勝ち上がれなかった子どもたちも「自由対局」に参加できる。実績のない子どもたちでも参加でき、これだけ経験を積める大会はほかにないだろう。良きライバルや将棋好きの新しい友達と出会えるのも大きな魅力だ。

 決勝ステージへ勝ち上がった2人は、羽織袴姿に着替え、プロ同様の盤と駒を使って対局。大盤解説や読み上げ、記録もつく本格的な環境だ。低学年の決勝は攻守の入れ替わる長い戦いとなり、これまでの大会の中でも屈指の大熱戦に。高学年の決勝は大人顔負けのハイレベルな対局が繰り広げられ、2年前の低学年の部でも優勝経験のある北原優さんが頂点に立った。


あわせて読みたい

アサジョの記事をもっと見る 2019年11月19日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。