ジャニーさんに軽い扱いを受けたグループは?名前すらもらえない3人組がいた

ジャニーさんに軽い扱いを受けたグループは?名前すらもらえない3人組がいた

 ジャニーズ事務所の前社長である故・ジャニー喜多川さんは、所属タレントたちを我が子のようにかわいがったことで有名だ。車での送迎や食事の調達は当たり前。ジャニーズJr.の育成に熱心だった晩年も、毎日両手で抱えきれないほどの差し入れを持って、レッスン場や劇場のどこかに姿を現していたという。

 しかし、ジャニーさんも人間。子どもたちの扱いに差をつけることもあった。それが徐々に、事務所の現場スタッフに蔓延。大きな格差を生んでしまった。その対象になったのがV6の「トニセン」こと20th Centuryだという。ジャニーズ担当の芸能記者が振り返る。

坂本昌行長野博井ノ原快彦によるトニセンは、Jr.時代から“剛健コンビ”としてすさまじい人気だった森田剛三宅健に、最年少の岡田准一を加えたComing Century(カミセン)と差別されていました。デビュー後、カミセンには社用車による送迎がありましたが、トニセンは渋谷駅に集合して電車で移動。95年にリリースされたデビューシングル『MUSIC FOR THE PEOPLE』のジャケット写真は、下部で小さめがトニセン。2枚目の『MADE IN JAPAN』になると、ついにカミセンのバックに立たされました」

 カミセンは、V6誕生と同時に命名された。ところがトニセンは、デビュー後も無名のまま。弟分で10代のカミセンに対抗すべく、無理やり付けられたのは「アダルトチーム」。この5、6年後、ジャニーさんに「僕らにも名前を付けてくれ」とお願いして、ようやく「20th Century」という造語をもらえた。ちなみに、20世紀を意味する「20th」を提案したのは、近藤真彦だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサジョの記事をもっと見る 2019年11月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。