松本人志も血だらけ被害に!?過去にもあった「ガキ使」ずさんな負傷対策問題

松本人志も血だらけ被害に!?過去にもあった「ガキ使」ずさんな負傷対策問題

 俳優の佐野史郎が年末特番「ガキの使いやあらへんで!!SP」(日本テレビ系)撮影中に第三腰椎を圧迫骨折し、騒動となったが、同番組における“怪我のリスク”が指摘されたのは今回が初めてではない。

 佐野は、液体窒素を含んだペットボトルの破裂による勢いで体を浮かせるという企画において、腰を強打。全治2カ月の怪我を負うこととなり、“病室では寝たきり状態”とも一部で報じられるなど、決して軽傷とは言えない事態に佐野の義母も慌てて病院へ駆けつけたという。

 通常、今回のようなバラエティ番組における“体当たり企画”では、実際の出演タレントが実施する前にADやスタッフなどを使い、入念にその安全性を確固たるものにしてから撮影に入ることが一般的だが、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志は過去に同番組制作陣の“粗さ”を指摘していた時期がある。

「『ガキ使』を支える松本と、同番組の放送作家である高須光聖の2人が出演していたラジオ番組『放送室』(TOKYO FM)において、松本は“ガキの使いのスタッフは雑や!”と何度も糾弾していました。その理由として挙げていたのが、罰ゲームの安全対策です。現在の“笑ってはいけない”企画での罰は柔らかい棒を使用したケツバットですが、かつて採用されていたのは実際の釘を先端に装着した吹き矢で、レギュラー陣はこれを臀部の素肌に直接吹き付けられるという過酷なものでした。番組側は安全面を考慮し、あまり釘の先端が出過ぎて刺さり過ぎることのないよう、ADが何百~何千という吹き矢をチェックしているとのことでしたが、松本は撮影後の自身の臀部が血だらけで、下着も真っ赤に染まっていたと証言し、一部の吹き矢は釘が長く先端から突き出ていたとも憤慨。長時間の撮影の疲労と寝不足によって、スタッフのチェック体制が適当でずさんだったことを原因に挙げています。その後も同ラジオ番組では、釘の吹き矢によって臀部に刺し傷が残り、“この傷痕は一生消えへんかも”と激怒していました。すぐさまこの“釘吹き矢”の罰は廃止されましたが、もしも今回の佐野の負傷も“いい加減なチェック体制”が原因だったとすれば、番組存続の危機すら生じてしまうかもしれません」(テレビ誌ライター)

 件の負傷後、佐野は自身の怪我によって番組に迷惑がかからないよう“是非とも放送してほしい”という大人のスタンスを取っていたが、果たして番組側は然るべき安全面へのケアを施していたのだろうか?

(木村慎吾)

あわせて読みたい

松本人志のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「松本人志も血だらけ被害に!?過去にもあった「ガキ使」ずさんな負傷対策問題」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    日テレはこれに限った話では無いだろう。イッテQでもケガは結構あるし、出川もペットボトルロケットのときも普通に考えれば重心点がおかしいから、ああなるのは判るものだし、打ち所が悪ければ半身不随だろう。

    1
  • 匿名さん 通報

    あまりにも危険なことは止めとけ!いずれ大きな事態になる。

    0
この記事にコメントする

「松本人志 + twitter」のおすすめ記事

「松本人志 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「松本人志 + ダウンタウンなう」のおすすめ記事

「松本人志 + ダウンタウンなう」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 松本人志 Amazon prime
  2. 松本人志 twitter
  3. 松本人志 ダウンタウンなう

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。