NHK大河「いだてん」最終回、低視聴率に“反比例”した視聴者満足度のワケ

NHK大河「いだてん」最終回、低視聴率に“反比例”した視聴者満足度のワケ

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が12月15日、最終回(第47話)を放送し、全話の期間平均視聴率が8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日にわかった。

 2012年の「平清盛」と15年の「花燃ゆ」の期間平均12.0%を3.8ポイントも下回り、大河ドラマ歴代ワースト記録を更新してしまった。

「低視聴率にあえいだ原因としてはいくつか考えられます。まずは大河ドラマでは“近現代モノ”はウケないということ。大河で人気を博すのは“戦国時代”と“幕末”で、それ以外は苦戦を強いられる傾向にあります。中でも明治維新以後、大正時代以降の題材は敬遠されますね。そして、主人公が金栗四三と田畑政治という、一般的な大河ファンには知名度の低い人物だったことも要因でしょう。大河では一般にも名の通った“歴史上の人物”が主人公としては好まれています。また、ストーリーに様々な伏線をしかけたりする宮藤官九郎さんの脚本が、高齢者の多い大河ファンには面白さが伝わりづらかったということを指摘する関係者も多いですね。特に第一話が、突然、様々なストーリーが同時に走り出したような構成で、やや難解だったことで、多くの視聴者を取りこぼしてしまったとの分析をする関係者もいます」(テレビ誌ライター)

 また、裏に高視聴率を取る強力な番組があったこと、出演者が不祥事で降板・出演シーンカットするなどトラブルが重なるなど不運にも見舞われた感が否めない。


あわせて読みたい

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月29日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 視聴率 いだてん
  2. 視聴率 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。