唐田えりか、公式サイト閉鎖でも掲載誌が発売されてしまう“間の悪さ”

唐田えりか、公式サイト閉鎖でも掲載誌が発売されてしまう“間の悪さ”
拡大する(全1枚)

 東出昌大との不貞騒動により、事実上の活動自粛状態に入った女優の唐田えりか。すでにドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)では出演自粛という名目の降板となり、2月に出演予定だった深夜ドラマ「100文字アイデアをドラマにした!」(テレビ東京系)の第5~6話はお蔵入りが噂されている。

 所属事務所のタレント一覧にはまだ名前が残っているものの、唐田自身の公式サイトは閉鎖。専属モデルを務めていた女性誌「MORE」の公式サイトでも唐田の写真や名前が削除されている。ところがこのタイミングで、唐田が誌面に登場する最新号が発売されたというのだ。

「1月28日発売の『MORE 3月号』では全10ページにわたって唐田が登場。《春最初の一足》というシューズ特集と無印良品の商品紹介特集では単独で出演しており、専属モデルらしい活躍ぶりです。これがドラマなら、不貞騒動発覚からの1週間で唐田の出演シーンを突貫工事で全カットする編集も可能でしょう。しかし雑誌の場合は印刷と製本、そして配本という工程があるため、騒動発覚時にはすべてのページが校了済みだったはず。編集部では唐田の不貞騒動に頭を抱えたに違いありません」(女性誌ライター)

 先月号の占いページによると、唐田のおとめ座は「1/5に連絡を取ると会話が弾み、デートにつなげやすくなるでしょう」だった。果たして唐田はその日、東出に連絡を取っていたのだろうか。

(白根麻子)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東出昌大のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東出昌大」に関する記事

「東出昌大」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東出昌大」の記事

次に読みたい「東出昌大」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク