20%超えは絶望!?「スカーレット」戸田恵梨香と脚本家の“不仲説”の真相
拡大する(全1枚)

 女戸田恵梨香主演の朝ドラ「スカーレット」(NHK)。放送も終盤を迎え、2月5日に配信された「女性自身」によると、主演する戸田と脚本家の水橋文美江氏の二人が、ヒロイン“喜美子”の描き方を巡って激論を交わしたと報じられ、注目を集めている。

「このドラマは、焼き物の故郷・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとなるヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱に満ちた生涯を描いた物語。2月11日の放送では母マツ(富田靖子)が亡くなって3年半の年月が流れ、一人暮らしの喜美子の元に元夫・八郎(松下洸平)が訪ねてきた。お互いが名字で呼び合うよそよそしい展開に、涙を禁じ得なかった視聴者も多かったようです」(テレビ誌ライター)

 だが、これまで二人が別れた経緯に関しては断片的に語られてきたのみなので、なぜ離婚したのか釈然としない視聴者も多く、不満の声も出ていた。

「説明不足は2月5日の放送回にも見られました。喜美子が7回目の挑戦で窯焚きに成功。ところが成功した瞬間から名声を得るまでの7年間を描いていないことに疑問の声があがっています。そんな最中、主演の戸田が“ヒロインに描き方”に疑問を持ち、昨年10月下旬に脚本家の水橋さんと1時間に渡って激論を交わしたという記事が出たのですから、不仲説が流れても当然。ただ、そうした憶測に対し水橋さん本人がインスタグラムで『えっ衝突して?何を食い違った?同姓同名の脚本家がいるのかなー。私じゃないことは確かです』と真っ向から否定しています」(前出・テレビ誌ライター)