「港南の我儘お嬢」こと、ゆきぽよが重視していた交際相手の“権力”
拡大する(全1枚)

 モデルでタレントの“ゆきぽよ”こと木村有希が2月17日深夜に放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に出演。過去の恋愛での失敗体験を語って話題になっている。

 この日の放送で先生役として登場したゆきぽよは、自身の恋愛経験を語った上で、“男を見る目”の大切さを力説。

「過去に5人とつき合ったが、全員に浮気された」「5人中4人が逮捕された」「歴代の彼氏が皆やんちゃ。やんちゃなダメ男を好きになっちゃう」などと衝撃告白。好きになる理由として「地元で権力のある男に弱い」と話し、出演者を驚かせた。

 ゆきぽよはさらに、「地元で権力のある人とつき合うと『○○君の彼女だよね?』って、ちょっとした有名人気分を味わえる」「地元でカリスマ扱いになる」などと語り、地元が横浜だったため“港南の我儘お嬢”という異名をとっていたことも明かした。この呼び名にゆきぽよは「“お嬢”ってついてるのはゆきだけ」「めちゃめちゃ嬉しかった」そうだ。

 ゆきぽよが披露したエピソードにネットでは「地元の権力者って、政治家とか実業家とかじゃないのかよ」「ヤンキー女の過去の自慢あるあるだね(笑)」「大人になったらなんの自慢にもならん。まして芸能人だったらマイナスエピソードでしかない」「漫画『特攻の拓(ぶっこみのたく)』に出てくる女ヤンキーの世界そのもので笑った」など、様々な反応が見られる。

「ただし、今のところ“ゆきぽよの元カレ”として過去の写真を公開したり、ゆきぽよにとって不都合な情報を流すという事例は見られず、その意味では一方的に“ダメ男”との烙印を押すのは可哀想かも知れませんね」(芸能記者)

 先日は、高橋ジョージから「週イチでDMが来る」と発言して話題になったが、そういえば高橋にもツッパリイメージがあるだけに、案外、ゆきぽよにとって好みのタイプだったのかもしれない?

(石見剣)