「知らなくていいコト」重岡大毅の演技にファンが悲鳴「嫌いにならないで!」

「知らなくていいコト」重岡大毅の演技にファンが悲鳴「嫌いにならないで!」
拡大する(全1枚)

  吉高由里子主演のドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)の第7話が2月19日に放送され、平均視聴率が前回から1.1ポイントアップして9.5%と上昇。ジャニーズWEST・重岡大毅演じる野中春樹の“クズっぷり”が回を追うごとに際立っている。

「吉高が演じるのは、スクープを連発する『週刊イースト』の敏腕女性記者・真壁ケイト。第7話ではケイトが不貞騒動を記事にした棋士・桜庭洋介の妻・和美(三倉茉奈)が編集部にやってきて、逆恨みからナイフでケイトの腹部を刺すといった衝撃の展開。さらに元婚約者の野中(重岡)が格下の雑誌『深層スクープ』にその事件について『実は殺人犯の子供がそういう記事を書いている。違和感ないですか? 不倫の果てに生まれた子供が、不倫を糾弾しているんですよ』と暴露する。これには視聴者から怒りのコメントが殺到。一時“野中のクズ”がツイッターのトレンド入りを果たしています」(テレビ誌ライター)

 重岡ファンからは「野中のことは嫌いでも重岡大毅のことは嫌いにならないでくださいっ!!」といった悲痛な叫びが上がっているが、「ジャニーズでこんなにも嫌な役をやるのも珍しいわ」と、その演技力に一目置く声も。

「重岡は昨年放送された多部未華子主演のドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK)で、ヒロインの恋人役を演じて『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』新人賞を受賞。その時の好青年役とは真逆の今回の役柄に、スタート当初から驚きの声が上がっていました」(女性誌記者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

重岡大毅のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「重岡大毅」に関する記事

「重岡大毅」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「重岡大毅」の記事

次に読みたい「重岡大毅」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク