子どもの受験資金、学資保険と貯蓄ではどっちがお得?

子どもの受験資金、学資保険と貯蓄ではどっちがお得?

 受験シーズンが終わり、ホッとしている親御さんも多いのではないでしょうか。でも、これから受験を迎える子どもを持つ人たちは大変ですよね。子どもの大学進学を視野に入れるなら、資金の調達が不可欠ですから、今からしっかり準備をしたいものです。

 例えば、学資保険の受け取りタイミングを大学入学時に設定し、100~200万円ほどの準備をしたり、子どもが小さな頃から貯蓄をしたりする家庭が多いようです。我が家はどうすべきか──これは、子どもの人数や住んでいる地域、親が準備する資金と子どもが奨学金などで担う部分など、整理して概算しておくことが大切です。

 大学受験と一言でいっても、交通費や宿泊費にどのくらいかかるか、何校受験するかなど、状況や志望校によって費用は大きく異なります。さらに、大学受験を前に予備校に通うのであればその余裕も……と考えると、資金繰りの幅は広がりますね。

 平均値でいえば、子ども1人当たりの大学受験にかかる費用は、国立大学受験の場合で30万円弱、私立大学の場合で35万円弱といわれています。遠方の場合は交通費や宿泊費を、私立大学の場合は複数受験するケースを念頭に置き、余裕をもって準備したいものです。

 合格すると、入学時、とくに入学前には、受験時よりも多くの費用が必要になります。入学料・授業料の初年度納付金の目安は、国立大学で80~100万円程度、私立大文系で100~150万円程度、理系や医学部系など、学部によっては500万円ほどにのぼることもあります。


あわせて読みたい

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月21日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。