サバンナ高橋の「サンジャポ」遅刻で問われる「リモート出演」の意味

サバンナ高橋の「サンジャポ」遅刻で問われる「リモート出演」の意味

 お笑いコンビサバンナ高橋茂雄が4月26日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)にリモートで出演。しかし、番組開始から15分ほど遅刻しての登場となり、共演者に謝罪していた。

 この日の放送も、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、MCの爆笑問題を始め、モデルのみちょぱ壇蜜など、一部の出演者のみをスタジオに集めて放送していた同番組。レギュラー陣のテリー伊藤杉村太蔵、細野敦弁護士らと共に高橋もリモート枠での出演となったが、冒頭に太田光が「(高橋が)この期に及んで寝坊するという信じられない事態です」と高橋の遅刻を報告した。

 高橋を映すはずのモニター画面には「ただ今 TBSに向かっています by 高橋茂雄」と書かれた紙が表示され、およそ15分後に目を真っ赤にした高橋が到着。「すみません、ステイホームが過ぎました。生活のリズムが変わりすぎてしまいまして。午前中という概念を無くしてました…」と外出自粛生活による影響があったとし、「本当にすみませんでした」と謝罪した。

「ただひたすら遅刻を謝罪するだけでなく、“ステイホームが過ぎまして…”と笑いを含ませながら猛省の様子を見せた高橋の切り返しはさすがの一言。しかし、視聴者の間ではそもそもリモート出演なのになぜ遅刻をするのかという疑問もわき、『リモート出演がTBS社内だったとは。そっちに驚いた』『リモートの意味がない』『リモートならお家でいいんじゃないの?』などと、モニター越しの出演であるにも関わらず、わざわざTBSへ出向く必要があるのかとの指摘も出ています。もしも打ち合わせや衣装、メイクなどのためにわざわざTBSまで呼んでいるのであれば、今後は演者の感染リスクとそれらの必要性とを天秤にかけて調整していくべきかもしれません。また、出演者の中で、スタジオに登場して出演するタレントと、リモートで別室から出演させるタレントの違いが分からないという意見もあり、今回の放送でいえば、みちょぱがスタジオ出演をしたのに対し、同じくモデルの藤田ニコルはモニターでのリモート出演という扱いになりました」(テレビ誌ライター)

 局側にも様々な事情があるのかもしれないが、3密回避のためであれば、可能な限り“自宅からの”リモート出演を徹底していくべきではないだろうか。

(木村慎吾)

あわせて読みたい

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「サンデージャポン + 山本里菜」のおすすめ記事

「サンデージャポン + 山本里菜」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「VS嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「VS嵐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「世界の果てまでイッテQ!」のニュース

次に読みたい関連記事「世界の果てまでイッテQ!」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月3日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. サンデージャポン 山本里菜

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。