あびる優、元夫と暮らす娘に愛のメッセージも「なぜSNSで言う」疑問噴出
拡大する(全1枚)

 5月5日の「こどもの日」。この日に誕生日を迎えた5歳の娘にタレントのあびる優がインスタグラムでメッセージを送った。

 あびるが送ったメッセージは「よつ葉 5才のお誕生日おめでとう 私達の人生に無限の可能性と彩り、感動、愛を与えてくれてありがとう 愛してるよ」「いつもどんな時も、よつ葉を想ってるよ たとえどんな困難があっても、それが結果として乗り越えられなかったとしても、ママはよっちゃんを想いながら前をむいて頑張るよ」(全て原文まま)と、娘の誕生日を祝福しつつ、母親としてかけがえのない娘への想いを綴った。

「あびるさんは昨年12月、格闘家の才賀紀左衛門さんと離婚。しかも、娘の親権は元夫である才賀さんが持っていることで現在は離れて暮らしています。この日は、離婚後に娘さんが描いてくれたという絵も公開されていましたから、娘と離れ離れで寂しい気持ちがひしひしと伝わってきました。この切ない投稿に、インスタのコメントには《お子さんにとってままは優さんだけ》《よっちゃんにこの想いが届いてほしい》《なんで才賀さんはあわせてくれないの?》といった、800件を超える応援が寄せられています」(女性誌ライター)

 先月、元夫の才賀は女性誌で、離婚から4カ月たった父娘生活の現状を報告。「娘が母親に会いたいと言うなら僕は会わせてあげたいと思っています。でも自分から“ママに会いたい”と言ったことはまだありませんね。僕のほうが気を遣って“ママに会いたいか?”と聞いたことはありますが、そのつど“大丈夫”と言われます」と話して世間の涙を誘った。あびるの投稿は、こうした世論の逆風に対抗する意図もあったのかもしれない。