柴咲コウ「テレワークドラマ」の自宅がオシャレ過ぎて“あらぬ疑惑”浮上

柴咲コウ「テレワークドラマ」の自宅がオシャレ過ぎて“あらぬ疑惑”浮上

 打合せやリハーサル、そして本番収録まで全てテレワークで行うドラマ「今だから、新作ドラマ作ってみました」(NHK)の第三夜「転・コウ・生」が5月8日に放送され、2017年に放送された大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)の主要キャストである柴咲コウムロツヨシ高橋一生の3人が揃い踏み。なかでも、柴咲の自宅が“オシャレすぎる”と話題になっている。

「5月4日に放送された第一夜『心はホノルル、彼にはピーナツバター』では満島真之介前田亜季、5日放送の第二夜『さよならMyWay!!!』には小日向文世と竹下景子が出演。そして第3夜の『転・コウ・生』は、“逢いたい”と思っている人と魂が入れ替わってしまうファンタジーコメディを3人が演じました。柴咲、ムロ、高橋とそして柴咲の飼っている猫・ノエルが入れ替わるという展開が好評でした」(テレビ誌記者)

 ただ、テレワークでドラマを撮るということは、出演者に演技以外にも負担をかけることになる。

「スマートフォン、マイク、そしてスマホを固定する三脚はNHKから支給されますが、それ以外のメークや小道具、衣装はすべて自前。しかも機材のセッティングから撮影まで、出演者の手による自撮り。演出家のリクエストでスマホの角度を変えたり、別のアングルで撮り直したり、その都度小道具を戻したりするのも全て演者。まさに前代未聞のドラマ作りですね」(エンタメ誌ライター)

 そんな中、視聴者からは「柴咲コウの自宅すごい素敵」と柴咲のオシャレな部屋への賛辞が寄せられ、その一方で「本物の自宅なのかなぁ?まじか」「さすがにハウススタジオかと思って見てた」との“疑惑”も浮上。しかし、その疑惑を「A-Studioでちらっと見たことある!」と否定する声があがり、“間違いなく自宅”というのが大方の見方のようだ。

 現在放送中の朝ドラ「エール」(NHK)では、日本におけるオペラ歌手の草分け・双浦環を演じ、抜群の歌声を披露した柴咲。演技も歌も、そして部屋のセンスも“天下一品”であることを証明してみせた。

(窪田史朗)

あわせて読みたい

柴咲コウのプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「柴咲コウ + ドラマ」のおすすめ記事

「柴咲コウ + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「柴咲コウ + ライブ」のおすすめ記事

「柴咲コウ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「長澤まさみ」のニュース

次に読みたい関連記事「長澤まさみ」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月12日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 柴咲コウ Instagram
  2. 柴咲コウ ドラマ
  3. 柴咲コウ ライブ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。