BTSが「坂本九以来のアジア人全米1位」 57年ぶり快挙の背景

BTSが「坂本九以来のアジア人全米1位」 57年ぶり快挙の背景
拡大する(全1枚)

 全米シングルチャート1位!

 英語圏じゃないアジアのアーティストには夢のような話。でも、そんな快挙を打ち立てたのがKポップアイドルグループのBTSだ。

 8月21日にダウンロードシングルとして発売された「Dynamite」がアメリカのビルボード誌のメインチャートでもある「HOT100」の9月5日付チャートで初登場1位になることがビルボード公式サイトのトップで報じられ、9月1日の明け方からARMY(BTSファンの総称)が大騒ぎに。ちなみに、ビルボードHOT100でアジアのアーティストが1位になったのは1963年6月、日本の坂本九が歌った「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」が獲得して以来。なんと57年ぶりの快挙というわけ。

「BTSはアルバムチャートでも、ビルボード誌のTOP200ではコンピレーションを含めると4作を1位に送り込んでいます。もうアルバムは初登場1位が当たり前という人気。でも、シングルチャートはそうはいきません。HOT100は売り上げはもちろん、ラジオのオンエア回数などもカウントされますから、広いアメリカでは一部の層の人気だけではなかなかトップになれない。BTSはこれまでアメリカで3曲のトップ10ヒットがありましたが、最高位は『On』の4位。それが今回の『Dynamite』は、初週で30万ダウンロードを記録。『On』や昨年同8位を獲得した『Boy With Luv』は同約8万DL、一番売れた18年の『Fake Love』で同約10万DLでしたから、人気がまだまだ上がっていることがわかります。また、近年のHOT100は、2016年にピコ太郎が77位にランクインしたようにYouTubeの再生回数もカウントされます。これも1位獲得の原動力になっているはず。新曲『Dynamite』のMVの再生回数は配信4日間で2億回を突破(9月1日現在で2億6000万回)、アメリカ国内でも初週で3600万回とのことですからそのファンパワーはすさまじい。今回の1位獲得を聞いて号泣したというメンバーが『ARMYのおかげ』と真っ先にコメントしたのは本心だと思います」(エンタメ誌ライター)


当時の記事を読む

坂本九のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「坂本九」に関する記事

「坂本九」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「坂本九」の記事

次に読みたい「坂本九」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク