「梅雨だる」になってない?梅雨の体調管理法

じめじめとした梅雨の季節。「梅雨だる」という言葉も生まれてしまうほど、梅雨に体調不良を感じる方は少なくないものです。

実際、梅雨の時期に約3人に1人が体調不良を実感しているという調査もあります。(※1)梅雨は1か月以上も続くため、なんとか梅雨も元気に乗り越えたいものですよね。

今回は梅雨の体調不良の原因についてや、「梅雨だる」を乗り切る対策についてお伝えしていきます。


梅雨に起きやすい体調不良って?


梅雨の不調で最も多いのが「頭痛」

株式会社リーフェが梅雨の体調に関する調査(※1)を、20~50代の男女100名に行っています。その結果では梅雨の体調不良として、

1位.頭痛(65.6%)
2位.倦怠感(40.6%)
3位.疲れ(37.5%)

の順で多かったという結果になりました。ほかにも「寝不足」「立ちくらみ」「いらいら」などを感じる方がいるようです。

また、不調を感じやすい年代は、女性は50代、男性は40代がもっとも多く、仕事や家事、育児が忙しい年代の方が多いようです。


梅雨の体調不良の原因は?

梅雨に起きやすい体調不良について、

・低気圧の日が長く続くこと
・気温の急激な変化、季節の変わり目
・高い湿度によりカラダの表面の汗が蒸発しにくくなり、体内に熱がこもりやすくなる
・日照不足
・冷房の使用によるカラダの冷え

…など、さまざまな原因が考えられています。(※1)(※2)
これらのことにより自律神経が乱れ、さまざまな不調を起こしている可能性も考えられます。(※2)(※3)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

あすけんの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク