ハーシェルが赤外線でとらえた馬頭星雲周辺

ハーシェルが赤外線でとらえた馬頭星雲周辺
       

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の赤外線天文衛星ハーシェルが馬頭星雲付近をとらえた画像です。

馬頭星雲はオリオン座の方向、約1300光年の距離にあります。広大なオリオン座分子雲の一部です。馬頭星雲は画像右端近くに映っています。生まれたばかりの星からの強烈な放射によって塵やガスが温められ、赤外線を放出しています。画像左側には、大質量星が形成されつつあるNGC 2068とNGC 2071が映っています。

ハーシェルは塵から出る赤外線を観測しています。この画像は、70μmの波長の赤外線を青、160μmを緑、250μmを赤に割り当てて合成したものです。なおハーシェルは2009年5月に打ち上げられ、2013年4月まで観測を続けました。

Image Credit: ESA/Herschel/PACS, SPIRE/N. Schneider, Ph. André, V. Könyves (CEA Saclay, France) for the “Gould Belt survey” Key Programme

(参照)ESA

当時の記事を読む

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月20日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。