超大型望遠鏡の頭上で弧を描く天の川

超大型望遠鏡の頭上で弧を描く天の川
       

ESO(ヨーロッパ南天天文台)のVLT(超大型望遠鏡)の頭上で弧を描く天の川をとらえた写真です。地平線には太陽がほんの少しだけ顔をのぞかせているものの、夜空の星々の光はそれに負けずに美しく輝いています。

中央付近のドームの真上、天の川の中に明るく見えている二つの星はケンタウルス座α星(左)とβ星で、どちらも1等星です。ケンタウルス座α星は地球から最も近い恒星系として知られています。それらの星の右側には南十字も見えています。

南米チリのセロ・パラナル山にあるESOのVLTは、口径8.2mの四つの望遠鏡(ユニット・テレスコープ、UT)からなります。写真には、それら4基の望遠鏡のドームが映っています。4基の望遠鏡を組み合わせることで、有効口径130mの望遠鏡として機能させることもできます。

画像は2021年1月18日にリリースされたESOの「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESO/Y. Beletsky

(参照)ESO

当時の記事を読む

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。