火星の「ロー・リッジ」でスピリットがとらえた360度パノラマ

火星の「ロー・リッジ」でスピリットがとらえた360度パノラマ
拡大する(全1枚)

NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査車スピリットがとらえた火星の360度パノラマ画像です。2006年4月18日から10月5日にかけて撮影された画像を合成したものです。

スピリットは2006年4月から10月にかけて、「ロー・リッジ」と呼ばれる小さな丘にとどまりました。その時期、スピリットがいた火星の南半球は冬でした。冬の期間を通して科学観測を行える電力を維持するため、スピリットは太陽電池パネルを太陽の方へ傾くようにとどまっていたのです。

中央右奥にある小高いところがロー・リッジです。そこには暗い色をした多孔質の火山岩が多く見られます。比較的明るくなめらかに見える岩は、隕石であると考えられています。

画像右奥の地平線上にある丘は「ハズバンド・ヒル」と呼ばれる場所です。スピリットは2005年にこの丘を登り降りしながら観測を行いました。

掲載画像は解像度を落としてあるため見づらいですが、画像右上の方にスピリットの車輪の跡があり、それが画像左端から手前のスピリットまで続いています。車輪の跡には、明るい物質が露出しているところもあります。この明るい物質は、硫黄の豊富な塩を含む鉱物で、かつてこの場所にあった水についての手がかりを与えてくれます。

2003年6月に打ち上げられたスピリットは、2004年1月4日に火星のグゼフ・クレーターへ着陸しました。それから7年近くにわたり移動しながら観測を続け、2010年3月22日に通信が途絶しました。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/Cornell Univ./Arizona State Univ.

(参照)Planetary Photojournal

大きな画像はオリジナルサイト(アストロピクス)ををご覧ください。

あわせて読みたい

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月12日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。