ハッブルがとらえた銀河団Abell 2813の重力レンズ

ハッブルがとらえた銀河団Abell 2813の重力レンズ
拡大する(全1枚)

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた銀河団Abell 2813(ACO 2813)の画像です。銀河団に属する楕円銀河や渦巻銀河の間に、三日月形やS字形などに見える光が見えます。これは「重力レンズ効果」によって歪んでしまった、銀河団よりも遠方にある銀河の像です。

銀河や銀河団などの重力によって光が曲がる現象を「重力レンズ」といいます。画像では重力レンズによって遠方の銀河からの光が曲がり、三日月形やS字形に見えているのです。重力レンズでは形が歪むほかに、天体の像が明るくなることもあります。

画像は2021年4月12日にリリースされた、ハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, D. Coe

(参照)ESA/Hubble

大きな画像はオリジナルサイト(アストロピクス)ををご覧ください。

あわせて読みたい

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月12日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。