火星ヘリコプター、初飛行は来週以降に

火星ヘリコプター、初飛行は来週以降に
拡大する(全1枚)

初飛行に向けて準備が進められている火星ヘリコプター「インジェニュイティ」について運用チームは、2021年4月9日に行われたローターの高速回転試験時に検知された問題に対処するため、飛行制御のソフトウェアを更新することにしました。NASA(アメリカ航空宇宙局)によると、ソフトウェアの変更自体は簡単ですが、検証からアップロードまでに時間が必要になるとのことで、14日以降とされていた初飛行のスケジュールは来週に設定されることになりました。インジェニュイティの電源、通信、熱制御などの重要な機能は安定しているとのことです。

【回転動作確認の動画】
※動画は環境によっては表示・再生されないかもしれません。

一方、4月8日に行われたブレードの動作確認試験の際の映像が公開されました(冒頭の画像はその際の静止画です)。動画には、カーボンファイバー製の長さ1.2mのブレードがゆっくり回転するようすが映っています。実際の飛行の際には約2400rpmで回転します。

Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU

(参照)Mars 2020 Mission Perseverance Rover、JPL

大きな画像はオリジナルサイト(アストロピクス)ををご覧ください。

あわせて読みたい

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月14日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。