楕円銀河M87中心の超巨大ブラックホールを、19の望遠鏡で多波長同時観測!

楕円銀河M87中心の超巨大ブラックホールを、19の望遠鏡で多波長同時観測!
拡大する(全3枚)

おとめ座の方向、約5500万光年の距離にある楕円銀河M87の中心には太陽の65億倍の質量を持つ超巨大ブラックホールがあります。2019年4月、EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)によってM87の中心にあるブラックホールを撮影したとの発表がありました。

EHTによる観測は2017年4月に行われました。実はその際、アルマ望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡、チャンドラX線望遠鏡など、地上や宇宙にあるさまざまな19の望遠鏡によって、M87の中心にあるブラックホールが同時観測されていました。電波、可視光、紫外線、X線、ガンマ線などで多波長同時観測が行われたのです。

楕円銀河M87中心の超巨大ブラックホールを、19の望遠鏡で多...の画像はこちら >>

画像は、さまざまな波長の電磁波で観測されたブラックホール周辺のようすや、ブラックホール近傍から出るジェットの画像をまとめたものです。解像度はさまざまで見えているスケールも異なります。

観測データを分析したところ、観測された時期はM87の中心にあるブラックホールの活動性は穏やかだったことが分かりました。また観測結果と、理論・シミュレーション研究から得られた結果を比較したところ、EHTで観測されたブラックホール近傍のリング状の電波放射領域とは異なる場所からガンマ線が放射されていると考えると、観測結果をうまく説明できることが分かったとのことです。

楕円銀河M87中心の超巨大ブラックホールを、19の望遠鏡で多波長同時観測!

こちらは東アジアVLBI観測網(EAVN)でとらえたM87ブラックホールから噴出するジェットの画像(波長7mm)です。

楕円銀河M87中心の超巨大ブラックホールを、19の望遠鏡で多波長同時観測!

こちらはアルマ望遠鏡でとらえたM87ブラックホールから噴出するジェットの画像(波長1mm)です。

こちらはEHTによる観測画像から始まり、より広い範囲を映したさまざまな波長の画像へとズームアウトしていく映像です。Credit: The EHT Multi-wavelength Science Working Group; the EHT Collaboration; ALMA (ESO/NAOJ/NRAO); the EVN; the EAVN Collaboration; VLBA (NRAO); the GMVA; the Hubble Space Telescope; the Neil Gehrels Swift Observatory; the Chandra X-ray Observatory; the Nuclear Spectroscopic Telescope Array; the Fermi-LAT Collaboration; the H.E.S.S collaboration; the MAGIC collaboration; the VERITAS collaboration; NASA, ESA and ESO; NASA/GSFC/SVS/M.Subbarao & NASA/CXC/SAO/A.Jubett.

(参照)EHT-Japan、アルマ望遠鏡

大きな画像はオリジナルサイト(アストロピクス)ををご覧ください。

この記事の画像

「楕円銀河M87中心の超巨大ブラックホールを、19の望遠鏡で多波長同時観測!」の画像1 「楕円銀河M87中心の超巨大ブラックホールを、19の望遠鏡で多波長同時観測!」の画像2 「楕円銀河M87中心の超巨大ブラックホールを、19の望遠鏡で多波長同時観測!」の画像3

あわせて読みたい

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月15日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。