銀河形成理論に再考を迫る!? 129億年前の宇宙で回転する小さな銀河を発見!

銀河形成理論に再考を迫る!? 129億年前の宇宙で回転する小さな銀河を発見!
拡大する(全1枚)

138億年前に誕生した宇宙に小さな銀河ができ始めたのは、宇宙誕生から数億年後だと考えられています。これまで宇宙誕生から10数億年後の銀河は観測されていました。ただそれらの銀河は大きく明るい銀河が主で、より暗くて数の多い一般的な銀河の姿はよく分かっていませんでした。今回、銀河団の重力レンズを利用することで、アルマ望遠鏡によって宇宙初期の暗く小さな銀河が見つかり、その内部構造が描き出されました。

銀河団などの重力によって遠方にある天体からやってくる光が曲がる現象を「重力レンズ」と呼びます。重力レンズによって天体の像が歪んだり増光したり、複数の像に見えたりすることがあります。重力レンズで拡大された宇宙初期の暗い銀河を研究するため、アルマ望遠鏡を使った大規模な観測計画ALCS(ALMA Lensing Cluster Survey)が実行され、重力レンズを引き起こす33の銀河団の中心領域が観測されました。

画像に映っているのは、そのような銀河団の一つで、うさぎ座の方向にある「RXCJ0600-2007」と呼ばれる銀河団です。ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したRXCJ0600-2007の画像に、アルマ望遠鏡がとらえた「RXCJ0600-z6」と名付けられた銀河の重力レンズ像(赤色)が合成されています。

太陽の1000兆倍の質量を持つ銀河団の重力レンズ効果により、RXCJ0600-z6の像は増光・拡大され、また3つに分かれて見えています。アルマ望遠鏡は銀河が放つ塵および炭素イオンの光をとらえました。ジェミニ望遠鏡の観測データとあわせることで、その光が129億年前に銀河から発せられたものであることが判明しました。


あわせて読みたい

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月23日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。