火星ヘリコプター、6回目の飛行で異常発生も無事着陸

火星ヘリコプター、6回目の飛行で異常発生も無事着陸
拡大する(全2枚)

2021年5月22日、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星ヘリコプター「インジェニュイティ」の6回目の飛行が行われました。これまでの5回の飛行では、特にトラブルはなく順調に飛行を続けてきたインジェニュイティですが、今回の飛行では飛行の途中でトラブルが発生したようです。NASA・JPL(ジェット推進研究所)火星ヘリコプター・チーフパイロットのHåvard Grip氏が書いた、6回目の飛行についての記事をもとに、6回目の飛行について簡単に紹介しましょう。

6回目の飛行でインジェニュイティは、高さ10mまで上昇したのち、南西へ150mの距離を秒速4mで移動するよう指示が送られていました。そこから西方面の画像を撮影しつつ南へ15m移動し、その後、北東へ50m飛行して着陸する予定でした。

火星ヘリコプター、6回目の飛行で異常発生も無事着陸の画像はこちら >>

この画像は、インジェニュイティの6回目の飛行の際に高度10mから撮影されたものです。インジェニュイティの飛行は、最初の150mについては問題なく行われました。しかしフライトが終盤に差し掛かったころ、インジェニュイティは前後に振動するように傾き始め、電力消費量が急増しました。

インジェニュイティは、慣性計測装置(IMU)を使って動きを把握します。ただIMUだけでは誤差が蓄積してしまうため、インジェニュイティはナビゲーションカメラの情報(画像やタイムスタンプなど)を使って誤差を補正して精度を維持しています。

今回の飛行では、飛行開始から約54秒後に不具合が発生し、ナビゲーションカメラの画像が1枚失われました。それにより、以降の全てのナビゲーション画像に不正確なタイムスタンプが付けられることになりました。そのためナビゲーション画像を使って補正を行うたびに、撮影時刻に関する誤った情報に基づいて動作してしまいました。そのことが大きな振動の発生につながったのです。


この記事の画像

「火星ヘリコプター、6回目の飛行で異常発生も無事着陸」の画像1 「火星ヘリコプター、6回目の飛行で異常発生も無事着陸」の画像2

あわせて読みたい

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月29日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク