ハッブル宇宙望遠鏡、5週間ぶりに科学運用を再開

ハッブル宇宙望遠鏡、5週間ぶりに科学運用を再開
拡大する(全1枚)

ハッブル宇宙望遠鏡は2021年6月13日、望遠鏡に搭載されている科学機器を制御したり調整したりするためのペイロードコンピューターが停止し、観測できない状況になっていました。1か月以上にわたる復旧作業の末、7月17日にハッブル宇宙望遠鏡の科学運用が再開されることになりました。

当初はメモリモジュールの劣化が原因と見られていましたが、調査の結果、不具合の原因は、ペイロードコンピューターを含む「SI C&DHユニット」の電源制御ユニット(PCU)である可能性が高いと判断されました。PCUは、ペイロードコンピューターのハードウェアに安定した電圧を供給します。

地上からのコマンドでPCUをリセットすることができなかったため、最終的にペイロードコンピューターを含む「SI C&DHユニット」がバックアップへ切り替えられました。その結果、通常モードに復旧したとのことです。

Image Credit: STScI and NASA

(参照)NASA

大きな画像はオリジナルサイト(アストロピクス)ををご覧ください。

あわせて読みたい

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク