月の「海」

月の「海」
拡大する(全1枚)

月の表面には、明るく見えるところと暗く見えるところがあります。日本では、月面に見られる明暗の模様は「うさぎの餅つき」のようだと昔から言われてきました。

月面の暗く見えるところは「海」や「入江」などと呼ばれ、冒頭の画像のように地域ごとに「晴の海」「雨の海」「静かの海」などと名前がつけられています。一方、明るく見えるところは「高地」と呼ばれます。

「海」といっても水があるわけではありません。月の「海」は、かつてクレーター内に溶岩が流れ出して固まったところです。黒っぽい玄武岩でできているために暗く見えます。「高地」は白っぽい斜長岩でできているために明るく見えます。

「高地」には隕石衝突によってできたクレーターが多く見られます。一方「海」には、「高地」と比べるとクレーターはあまり多くありません。「海」ではもともとあったクレーターが溶岩によって覆われてしまい見えなくなり、それより後に起きた隕石衝突によるクレーターだけが残っているためです。

なお冒頭の画像には月の「海」「入江」の中で、地球から比較的見やすいものだけを示しています。また、主なクレーターをいくつか示してあります。

Image Credit: NASA's Scientific Visualization Studio

(参照)USGS

大きな画像はオリジナルサイト(アストロピクス)ををご覧ください。

当時の記事を読む

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク