円形の窪みが連なる、火星の溝状地形「タンタロス・カテナ」

円形の窪みが連なる、火星の溝状地形「タンタロス・カテナ」
拡大する(全2枚)

火星のアルバ山付近には、南北方向に走る「グラーベン(地溝)」と呼ばれる溝状の地形が数多く存在します。この画像は、そのようなグラーベンの一つ「タンタロス・カテナ」の一部をとらえた画像です。

この地域のほかのグラーベンは「フォッサ(細長い窪み)」と呼ばれていますが、画像に映る地形はクレーターのような円形の窪みが連鎖した地形である「カテナ」と呼ばれています。

タンタロス・カテナに見られる円形の窪みは、隕石による衝突クレーターではなく、地下の溶岩チューブなどの天井部分が崩落してできたものだと見られています。

画像はNASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機2001マーズ・オデッセイが2021年4月17日に撮影したもので、9月7日に公開されました。

円形の窪みが連なる、火星の溝状地形「タンタロス・カテナ」

こちらはアルバ山周辺の高度マップです。溝状の地形が数多く見られます。冒頭の画像は、白い楕円のあたりを映したものです。火星でのアルバ山の位置については過去記事「火星の高度マップ」をご覧ください。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU

(参照)Planetary Photojournal

大きな画像はオリジナルサイト(アストロピクス)ををご覧ください。

この記事の画像

「円形の窪みが連なる、火星の溝状地形「タンタロス・カテナ」」の画像1 「円形の窪みが連なる、火星の溝状地形「タンタロス・カテナ」」の画像2

あわせて読みたい

アストロピクスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク