国際ロボット競技会「FLL(ファースト・レゴ・リーグ)」学校チャレンジ募集

国際ロボット競技会「FLL(ファースト・レゴ・リーグ)」学校チャレンジ募集
FLL image 1
特定非営利活動法人青少年科学技術振興会 FIRST Japan(神奈川県横浜市)はレゴ社の教育部門レゴ エデュケーション(東京都港区赤坂)、株式会社ロボット科学教育(神奈川県川崎市)と共にFLL学校チャレンジを募集すると発表しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158780/LL_img_158780_1.jpg
FLL image 1


■FLL学校チャレンジ、開催背景
「FLL(ファースト・レゴ・リーグ)」(注1)は9歳~16歳を対象とした青少年向けの国際ロボット競技会で1998年に始まり、現在では世界88カ国以上約32,000チームが参加する世界最大級の規模になっています。各国の大会で入賞した上位チームが世界数カ所で行われる世界大会へ出場するプロセスになっていて、毎年日本からも約10チームが世界大会に出場しています。

FLL学校チャレンジは、このFLLに挑戦する全国の小中学校を募集するもので、希望する学校限定10校に「レゴ社のロボット教材の無償提供」、「指導者講習会の無料実施」、「大会参加費の割引き」といったサポートを提供し、参加を希望する全国の小中学校を環境面で応援するものです。2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されることもあり、子どもたちが主体的にプログラミングを学び、さらに成果発表をする場としてFLLへの関心が高くありましたが、大会出場に必要なレゴ社のロボット教材を保有していないこと、指導できる教職員がいないことから参加を見合わせたという声が学校から多くあがっているという背景から始まりました。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。