英語をツールに国境を越えて貢献する力の育成に向けて札幌新陽高等学校がレアジョブ英会話を導入

英語をツールに国境を越えて貢献する力の育成に向けて札幌新陽高等学校がレアジョブ英会話を導入
レッスンの様子
オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブ(東京都渋谷区、代表取締役社長:中村岳、以下レアジョブ)は、学校法人 札幌慈恵学園 札幌新陽高等学校(北海道札幌市、 校長:荒井優、以下札幌新陽高校)2018年5月31日より、オンライン英会話サービスの提供および、ICT教育の効果を最大限活用するPBL(プロジェクトベースドラーニング)を用いた新たな英語学習カリキュラムの共同開発を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158839/img_158839_1.jpg
札幌新陽高校は、試験や大学入試のためだけの英語教育ではなく、生徒の可能性を最大化させるための新しい出会いや、原体験を得る一つのツールとして、英語を習得するべきだと考えています。この度、札幌新陽高校の探究コースにおいて、オンライン英会話のマンツーマンレッスンだけではなく、「教育」と「テクノロジー」を融合させ、学習者にとって最適且つ、可能性を最大化させることを目指し、ブレンディッドラーニング(※1)のカリキュラム開発や、生徒が英語をツールに国境を越えて貢献するPBL(プロジェクトベースドラーニング(※2))を用いた授業の共同開発を行いました。

※1 学校など教室での集合学習とオンラインでの個別学習を掛け合わせて双方のメリットを活かした効果的な学習の方法。
※2 課題解決型学習(Project-Based Learning)。学習者が自ら問題を発見し解決していく能力を身につけることを目的とした学習法。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。