「9・21を認知症の日に!」9月21日から23日まで、空堀商店街にて認知症予防を推進し、応援するためのイベントを開催!

「9・21を認知症の日に!」9月21日から23日まで、空堀商店街にて認知症予防を推進し、応援するためのイベントを開催!
イベント告知チラシ
認知症予防サポート協会(所在地:大阪市、代表理事:鳴川 正)は、空堀商店街振興組合、空堀商店街協同組合、空堀通り商店街振興組合と共催で、9/20(木)~23(日)の4日間、空掘商店街全域において「9・21を認知症の日に!」応援イベントを開催致します。
毎年9月21日は「世界アルツハイマーデー」として世界各地で啓蒙活動が行われています。日本もこれにならって、9月21日を「認知症の日」として制定する動きが出ています。※1
認知症予防サポート協会では、この「認知症の日」制定に先行したキャンペーンイベントを空堀商店街で開催し、認知症予防と早期発見の啓発活動を行います。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/166469/LL_img_166469_1.png
イベント告知チラシ

超高齢社会の日本において、最近はますます認知症の発症率が高くなり、すでに、世界第1位と言われるまでになりました。また、その予備軍である軽度認知障害も入れると、その患者数が2025年には1,300万人を突破すると危惧されています。
一方、各地の商店街にも高齢化の波は押し寄せており、空店舗も目立ってきているのが現状です。その中にあって、空堀商店街は秀吉ゆかりの地として火災の難も逃れ、昔ながらの伝統と現代の文化が融合した街として、地域の人々が共生の気持ちを持って暮らしています。
我々、認知症予防サポート協会は、この空堀商店街を高齢化問題の中でも特に課題の多い認知症問題に地域の人々と取り組む商店街の起点として、認知症予防に取り組む輪を全国に広げたいと考えています。...続きを読む

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2018年9月21日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。