介護リフォーム業者からシニアに元気づけ 神奈川県の高齢者グループホームに寄贈 “手すり”でつくった黄金の天守閣 介護リフォームをもっと身近に

介護リフォーム業者からシニアに元気づけ 神奈川県の高齢者グループホームに寄贈 “手すり”でつくった黄金の天守閣 介護リフォームをもっと身近に
最後のひと塗り
介護向け住宅リフォーム事業を行う株式会社ユニバーサルスペース(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:遠藤 哉)は、介護リフォームで最もニーズの高い“手すり”の部材を使用して制作した天守閣の模型を、神奈川県横浜市の高齢者グループホーム『オセアンビクトリア戸塚』へ寄贈し、敬老の日に先駆けて9月15日(土)に寄贈式を開催しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/166569/LL_img_166569_1.jpg
最後のひと塗り

当社は介護リフォームフランチャイズチェーン『介護リフォーム本舗』を全国に47店舗(直営4店舗含む)展開し、現在までに工事実績は30,000件を超えています。


■ゴールドに塗装した縁起の良い天守閣 手すりの端材を再利用
天守閣の模型を製作する本プロジェクトは、リフォームの観点から介護分野・高齢者を元気づけすることを目的に初めて企画しました。製作では、社員のスキル向上が要介護者のより良い生活につながると考え、本社全社員24名と当社が運営するフランチャイズチェーンの介護リフォーム事業者10名で作業分担をして、約2カ月かけて、幅1,100mm×奥行900mm×高さ1,200mのサイズの天守閣を完成しました。

城のシンボルとしての役目を担う天守閣は、手すりとして使用できなかった余った端材を使用して、全体を金色に仕上げました。ゴールドには金運に効果があり、身に着けると富や名誉や権力、幸福をもたらすと言われ、優れた浄化力を持ち、様々な病気の治療薬としても用いられています。...続きを読む

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2018年9月25日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。