アーモンドを“モーニングスナック”として食べると、朝食を食べない大学新入生に有益なことが新たに判明

アーモンドを“モーニングスナック”として食べると、朝食を食べない大学新入生に有益なことが新たに判明
カリフォルニアアーモンド協会 画像_1
※このプレスリリースは2018年8月13日に米国カリフォルニア州で発表された資料の抄訳版です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168747/img_168747_1.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/168747/img_168747_2.jpg


18歳の子どもを初めて大学に送る親にとって、1人暮らしを始める子どもがどのような食生活を送るのかは大きな心配事です。大学生活を始めたばかりの若者は、新しい不健康な食事パターンに陥いってしまうのが通常です(1)。事実、調査によれば、大学新入生の20~43%が朝食をとらずに登校することが判明しており、さらに大学生活を始めたばかりの若者にとって、朝食は突出して抜いてしまうことが多い食事となっています(2)(3)(4)(5)。これは残念な統計値です。なぜなら、アメリカ心臓協会(American Heart Association,AHA)による科学的な発表によれば、毎日朝食をとることで、血糖値やインスリンの代謝を含む心血管代謝のリスク要因を減らせる可能性があることが分かっているからです(6)。

世界最大のアーモンド生産地である米国カリフォルニア州の約6,800のアーモンド生産農家ならびに100を超える製造加工業者で組織される「カリフォルニア・アーモンド協会」(本拠地:米国カリフォルニア州モデスト)の資金提供により、カリフォルニア大学マーセド校の研究者が行い、Nutrients誌に発表した新たな研究では、朝食を抜く大学生が、持ち運びしやすいアーモンドを「モーニングスナック(朝のおやつ)」にするのは賢明な選択であることを示唆しています(7)。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。