「必ずしも結婚する必要はない」と過去最高の68%が回答!今求められるのは“おせっかいな人”!結婚相談所マリーミーが見解を発表

「必ずしも結婚する必要はない」と過去最高の68%が回答!今求められるのは“おせっかいな人”!結婚相談所マリーミーが見解を発表
植草美幸
年間約1,000件のカウンセリングとコンサルティングの実績を持つ結婚相談所マリーミー(本社:東京都渋谷区、代表:植草 美幸)は、「結婚」というテーマから、日本放送協会(以下 NHK)が1月7日に発表した「第10回・日本人の意識」(全国の16歳以上に調査、有効回答2,751人、調査時期2018年6月30日(土)~7月22日(日))に関する見解を発表いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/175952/LL_img_175952_1.png
植草美幸

■「必ずしも結婚する必要はない」と答えた人の割合は、過去最高の68%!
NHKの「日本人の意識」調査は、5年ごとに同じ質問・同じ方法で世論調査を重ねることによって、日本人の生活や社会についての意見の動きをとらえる趣旨で、今回が10回目ということです。
45年間にわたる調査を通して、今回明らかになった、結婚に関する意識変化の主な特徴は以下のとおりです。

(1) 結婚することについて「必ずしも必要はない」と考える人は、68%。
(2) 子どもを持つことについて「結婚しても、必ずしも子どもをもたなくてよい」と考える人は60%


■結婚相談所を訪ねる人でさえも、結婚への意識は希薄化している
結婚相談所マリーミーには、当然「結婚をしたい」と本気で考えている人達が訪ねてくださるわけですが、それでも結婚への意識が希薄化していることに驚くことがよくあります。例えばアラフォー世代の女性が、「この年になって初めて結婚を意識するようになりました」と言ったりします。これはひと昔前の昭和の時代では考えられなかったことです。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年3月29日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。