国宝・石清水八幡宮と八幡市駅をつなぐケーブルカー男山ケーブルを18年ぶりにリニューアルします

国宝・石清水八幡宮と八幡市駅をつなぐケーブルカー男山ケーブルを18年ぶりにリニューアルします
男山ケーブル(外観)
京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:中野道夫)では、八幡市ー男山山上駅間の0.4kmを結ぶ鋼索線(以下:男山ケーブル)について、18年ぶりにリニューアル工事を実施します。
男山ケーブルは、1926年6月に男山索道株式会社によって敷設されましたが、戦時中の資材供出のため、1944年2月に営業を廃止しました。その後、1955年12月に当社が復活させ、2001年に大規模リニューアル工事を実施しました。現在は、国宝・石清水八幡宮にほど近い男山山上駅と八幡市駅を結ぶ地域の交通手段として、多くの方にご利用いただいています。
今回のリニューアルでは、制御装置や誘導無線など主要機器の更新を行うとともに索条(ロープ)を交換するなど、運転保安度のさらなる向上を図ります。
なお、リニューアル工事期間中の5月27日(月)から6月18日(火)までの23日間は運転を休止し、期間中はタクシーによる代行輸送を実施します。お客さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
詳細は次のとおりです。

1.概 要
安全性向上を図るため、男山ケーブルのリニューアル工事を18年ぶりに実施します。

2.リニューアル工事の主な内容
・巻上装置の制御装置および誘導無線の更新
・索条(ロープ)の交換
・車両の標識灯および車内予備灯のLED化

3.リニューアル工事に伴うタクシー代行輸送
(1)代行輸送期間(運転休止期間)
2019年5月27日(月)~6月18日(火) 23日間(予定)

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年3月19日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。