<カレーは究極の薬食同源>おうちで簡単!不調が整う薬膳カレーキットを発売。

<カレーは究極の薬食同源>おうちで簡単!不調が整う薬膳カレーキットを発売。
薬膳カレーキット『カレーなる薬膳』
漢方薬・漢方茶・薬膳火鍋・漢方チョコレートの企画製造販売を行う株式会社 氣生(読み:きお、所在地:東京都豊島区、代表:久保田 佳代)は、2019年6月27日に薬膳カレーキット『カレーなる薬膳』を発売いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/183539/LL_img_183539_1.jpg
薬膳カレーキット『カレーなる薬膳』

毎日の食事が私たちの身体を作っています。
“命は食にあり、食誤れば病いたり、食正しければ病自ずと癒える”
東洋医学では、これを【薬食同源】と表しました。


【商品開発背景】
日本では誰しもが子供の頃から馴染みのあるカレー。
そもそも“カレー”という食べ物は、スパイシーな汁かけご飯=カリ(Kari)が語源であると言われています。

スパイスの多くは漢方の生薬に置き換えることが出来て漢字で書き表すことが出来、基本的にスパイスは、香りや色付け・消臭・調味といったことを目的に使いますが生薬は薬としても用います。
漢方の処方を組み立てるときに使う、個々の生薬のことを味(み)や薬味(やくみ)と言い、薬味一つ一つに、酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩辛いの五味があり、この五味は、効能や配剤に深い意味を持ち、今もなお伝えられてきましたが、日本の食卓では数少ない生薬が薬味として使われています。

インドでは、日常にスパイスを数十種類用いてカレーを作ります。例えばお父さんが飲みすぎれば宇金(ウコン)つまりターメリックを多めにしたり、子供が風邪をひけば生姜(しょうきょう)つまりジンジャーを多めにするなど、インドのお母さんは薬剤師のような存在。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年6月27日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。