新興和製薬株式会社より自社NMN研究研究室開設と商品化までの総合的なNMN研究の活動を加速化のお知らせ!

新興和製薬株式会社より自社NMN研究研究室開設と商品化までの総合的なNMN研究の活動を加速化のお知らせ!
上海講演会場風景(5月2日)
新興和製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:田中 めぐみ)は、世界初のβ-ニコチンアミドモノヌクレオチド(以下 NMN)を配合したニュートリシューティカル(サプリメント)及び化粧品(コスメティック)を販売しており、その純度は99.8%という圧倒的な高さを確保しています。また世界初のヒト臨床研究も行い確実にサイエンスに基づいた商品を次々にローンチすることにより、研究から販売までを担うNMNバイオベンチャーのパイオニアであるとの評価を頂いております。
今後も、科学的根拠に基づいたプロダクティブエイジングの世界的な実現を目指し、研究、NMN効果周知、販売の向上をより一層強化・拡大していきます。


■研究分野
弊社はこれまで世界初となるNMNの長期経口摂取(24週間)を、国立大学法人広島大学大学院医歯薬保健学研究院と実施し、臨床研究の中間報告にてSirtuin1(長寿遺伝子1)の出現と、メラトニンをはじめとする多数の各成長ホルモン類の増加を確認しました。
また、特定非営利活動法人システム・バイオロジー研究機構(代表:北野 宏明、以下 SBI)と、NMNの作用機序の解明のために、「マルチオミックス解析によるNMNの細胞内作用機序の解明」に関して研究を実施しておりますが、国立大学法人山口大学共同獣医学部と被験体(コンパニオン・アニマル:Dog)に於ける抗老化因子の抑制確認を含めた被験体(コンパニオン・アニマル:Dog)の抗老化症状のメカニズムの解析を開始すると共に、科学的根拠のさらなる充実を目指すために、自社の研究室を東京都日本橋室町に開設・稼働致します。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年6月14日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。