グッチから新フレグランス コレクション「ザ アルケミスト ガーデン」が発売

グッチから新フレグランス コレクション「ザ アルケミスト ガーデン」が発売
[ザ アルケミスト ガーデン]ラグジュアリーコレクション
グッチはラグジュアリーコレクションとして、マジックとイマジネーションによる新たなストーリー「ザ アルケミスト ガーデン」(錬金術師の庭/アルケミストの庭)を発表しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184032/LL_img_184032_1.jpg
[ザ アルケミスト ガーデン]ラグジュアリーコレクション

「このコレクションのアイデアは、調香のベースになる花々のエッセンスや植物のみずみずしい香りが空間に溶け込み、そして記憶へと結びついていく、ということから生まれました。香りは、どこか違う場所へ連れ戻したり、人にとってとても強く、そして大切に感じる感覚を通じて、様々な想いへとつながっていくのです。」(グッチ クリエイティブ・ディレクター アレッサンドロ・ミケーレ)

ある場所、ある瞬間、そして誰とともにいるか。香りはその時の感情と密接につながっています。そしてフレグランスは、その記憶や無意識な感覚にさえも導いてくれるものなのです。この概念を表現するために、アレッサンドロ・ミケーレは様々な素材を選定し、分析や調香が行われるアルケミスト(錬金術師)の研究所をイメージしました。自然界に存在する精油を研究し、そこから想像力を駆使して、現実の慣性をくつがえすような感覚と時間を味わうことができた古の研究所です。

アレッサンドロ・ミケーレは、錬金術からインスピレーションを得て、卑金属から貴金属へと精錬する錬金工程を調香に置き換えてみました。そして創り出したのが、オードパルファム7種類、オイル4種類、パフュームウォーター3種類と、キャンドル1種類です。調香師のアルベルト・モリヤスは、天然の植物や花々を現代的な分子に重ねるというアレッサンドロ・ミケーレのビジョンとともに、それぞれの香料が際立つ香りのフレグランスをつくり出しました:ウード、アンバー、バイオレット、アイリス、ミモザ、ローズ、そしてウッドです。それぞれの香りや調香は唯一無二であり、特別な場所、瞬間、季節、そして香りの記憶を物語ります。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年5月20日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。